« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月13日 (水)

女が真に求めるものは何か?――『アーサー王伝説』より

ここで紹介することは、P.Y.エイゼンドラスというアメリカの女性治療者が紹介したものです。困ったことにその元の本が私の手元にありません。そのため、私のかすかな記憶を頼りに紹介させていただきます。

『アーサー王伝説』にはさまざまな物語が組み込まれていますが、そのなかに、「騎士ガーウェインとラグニル姫」という話があります。物語はこうです。

あるときアーサー王は一人で狩に出かけ、獲物の雌鹿を追って森に分け入っていきます。やっと鹿をしとめたと思ったアーサー王の目の前に、突然グローマーと名乗る大男が現れます。

「お前はいったいだれに断って、おれ様の領地で狩なんぞをしている! しかも大事なおれの鹿をお前は殺してしまった。こうなったら、お前の命であがなってもらうしかないな!」

アーサー王はあわてて謝罪しますが、グローマーの怒りはおさまりません。やむなくアーサー王は覚悟を決めます。

するとどういうわけか、グローマーの態度がやわらぎ、殺す前に一度だけなら生き延びるチャンスを与えてやらないでもないと言います。どういうチャンスなのでしょうか? グローマーは言います。

「女が真に求めているものは何か? その答えを一年後のこの日、この場へ持って来い。その答えがあっていれば、お前の罪は許してやろう。だが、もし違っていれば、それがお前の最期のときだ」

命からがら城に帰ってきたアーサー王の様子がただならぬのを、第一の騎士ガーウェインが気づきます。アーサー王から事情を聞いたガーウェインは、こう忠言します。

「王よ、ご安心ください。きょうから国中にお触れを出し、女が真に求めるものを一年もかけて集めれば、そのなかに必ずやひとつやふたつ正解があるはずですから」

さて約束の一年が迫ったある日、アーサー王は家来たちが集めた膨大な解答集を手に、森に分け入っていきます。

するとそこへ、いかにも醜い小柄な老婆が現れ、自分の名はラグニルだと名乗ります。そして自分だけがアーサー王が探している答えを知っていると言い切ります。答えを教えてやってもいいが、条件がひとつある、と言います。アーサー王が条件を聞くと、騎士ガーウェインと自分との婚姻を認めることだと言います。アーサー王が、たとえ王といえども、騎士の婚姻を自分の一存で決めることはできない、と答えますと、ラグニルは、ガーウェインにこのことを取り次ぐだけでいい、と言います。アーサー王はそれなら了解したということでラグニルから答えを聞きます。

アーサー王としては、手元に一年かけて集めた答えがあるのだから、ラグニルのくれた答えを使うようなことはないはずだ、という思惑があります。

さて約束の場所にやって来たアーサー王は、大男グローマーに、国中から一年かけて集めた答えをひとつひとつ読み上げます。ところがグローマーは、それも違う、それも違う、と、ことごとく否定します。最後の答えにも首を横に振ったところで、グローマーが「さあ、覚悟しろ!」と迫ったところで、アーサー王はやむなく、ラグニルから教えられた答えを口にします。

「女が真に求めているもの。それは、自分の人生を自分で決める権利だ」

この答えを聞いたグローマーは烈火のごとく怒ります。「おまえは、その答えをラグニルから教わったな!」

でも約束は約束なので、グローマーはそのままアーサー王を自由にします。

こうしてアーサー王は醜い老婆のラグニルとともに城に戻ってきます。無事戻ってきたアーサー王のもとに騎士ガーウェインがだれよりも喜んで駆け寄ってきます。でもこのときもアーサー王は元気がありません。

そのわけを聞いた騎士ガーウェインは、即座に答えます。「王よ、わかりました。王のためとなるなら、わたしはたとえ相手がヒキガエルでも、喜んで結婚しましょう」

こうして騎士ガーウェインとラグニルとの結婚の宴が催されることになりました。城の一同が沈うつな思いのなかで、ひとりラグニルだけが醜い姿ではしゃぎまわっています。

宴も終わり、いよいよ新婚初夜。二人きりになったところで、かの醜い老婆ラグニルが、なんと、美しい姫に姿を変えます。

「ガーウェイン様。よくぞわたくしとの婚姻をお引き受けくださいました。この今の姿がわたくしの本来の姿で、名もラグニル姫と申します。かの乱暴者の大男グローマーはわたしの兄で、わたしは兄に魔法をかけられたせいであのような醜い姿になっていたのでございます。でもガーウェイン様がご自身の意思でわたくしとの婚姻を承諾してくださったおかげで、わたしにかけられていた魔法がとけました」

「でも、ガーウェイン様、魔法はまだ半分しかとけておりません。と申しますのも、わたくしは一日じゅうこの美しい本来の姿ですごすことはできません。昼間この美しい姿ですごし、夜醜い老婆の姿でガーウェイン様と床をともにするか、逆に昼間醜い老婆の姿ですごし、夜この美しい姫の姿でガーウェイン様と床をともにするか、どちらかしかできません。」

「さて、ガーウェイン様は、どちらをお望みでしょうか? どちらがいいか、ガーウェイン様がお決めくださいませ。ガーウェイン様、よくよく注意してお決めください」

――さて、皆さんならどちらをお選びになりますか?

ラグニルの話を聞いたガーウェインは、にこりとするや、すぐに答えました。

「ラグニル様。それはあなた自身の生き方の選択ですから、あなた自身でお決めください」

ガーウェインの言葉をきいて、ラグニルの顔もパッと輝きました。

「ガーウェイン様、おみごとです。その言葉で、わたくしにかけられていたすべての魔法が解けました。これで、わたくしは昼も夜も、このうつくしいラグニル姫の姿でガーウェイン様とともにすごすことができます。

騎士ガーウェインとラグニル姫は、末永く幸せに暮らしていったとのことです。(おわり)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »